ルームランナーの静電気の対策方法!ランニングマシンの使い方

ルームランナーの静電気の対策方法!ランニングマシンの使い方

気軽に運動できるルームランナーは、屋内で安全にランニングができるため、老若男女多くの人が活用しています。
しかし、ルームランナーについてよく知らないと快適に使用できないこともあります。
中でも多い悩みが、ルームランナーの静電気問題ではないでしょうか。
モーターとベルトの回転が摩擦を生み、静電気が発生するのが原因の一つです。
特に寒く乾燥した季節になると発生しやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

静電気がたまると、ステンレス部分に触れたときだけでなく、走ってるときにもイヤホンからビリっときたりします。そんな不快な静電気ですが、発生しないよう対策することである程度防ぐことができます。

 

まずはルームランナーの走行ベルトに、エレガードなどの静電気防止剤を吹きかけるという対策があります。
またルームランナーの電源が入ったままの状態にしておくと、帯電してしまい静電気が溜まった状態になるため、使用しない時はコンセントから抜いておくのも効果的です。

 

洋服でいえばナイロンとポリエステルが擦れると、夏場でも静電気が発生しやすくなります。
ルームランナーで走る際は、こういった素材を身に付けないことも有効です。
逆に静電気対策グッズを身に付けるといいでしょう。
ブレスレット型、キーホルダー型、最近では静電気防止シューズも販売されています。
ブレスレット型、キーホルダー型は放電する手間がありますが、シューズなら履くだけでOKなので楽ちんです。

 

これらの対策をすることで静電気はほとんど防げるでしょう。
それでも解決しないようなら、構造上静電気が発生しやすいことも考えられますので、メーカーの問い合わせるのも一つの手です。

スポンサードリンク