ルームランナーのタイプ別の特徴

スポンサードリンク

ルームランナーのタイプ別の特徴

どなたでも気軽に運動できるのが、屋内で使用するルームランナーですが、このルームランナーには大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれ違った特徴があります。
コンパクトタイプとベーシックタイプ、リハビリタイプがあり、コンパクトタイプはベルトの幅が狭くなっており、モーターの馬力が小さくて連続使用時間が短めになっています。

 

また大きな歩幅でウォーキングすることが厳しいため、歩幅が短い人に向いていると言えますし、コンパクトに折り畳めますので収納に優れています。

 

スポンサードリンク

 

ベーシックタイプはベルトは広めに作ってあり、モーターの馬力は小さいのですが、連続使用時間が少し長めになっています。
リハビリタイプはリハビリ用に設計されたルームランナーで、転倒を防ぐために両手で握れるハンドルが付いていますし、低床タイプに作られています。
それに最低速度も1km未満にしてありますので、回復期の人でも安心して利用できるように考えられているのです。

 

スポンサードリンク