ルームランナー振動対策はどうすればいいか

ルームランナー振動対策はどうすればいいか

ルームランナーを使った場合、一体どの位の振動、騒音が出るのか?

ルームランナーは、自宅でいつでも手軽にウォーキングやランニングなどの運動ができるマシンです。外に走りに行けない、スポーツクラブにも通えない人とっては運動不足を解消するために便利でしょう。しかし、特にマンションやアパートなどにお住いの方にとっては、ルームランナーを使う時の振動が階下に響いてしまわないか、階下の人の迷惑になっていないかとても気になる所です。実際の所、ルームランナーの振動や音などはマシンの機能などによって差が出ますが、走る速度によっても変わってきます。

 

スポンサードリンク

 

時速8km前後のウォーキングよりやや速めの速度だと、大体60デシベル位の音になり、これは1m以内にある掃除機やテレビの音などと同じ位の騒音になります。走る速度が上がれば踏み込む足音やマシンの振動音などに大きくなり、響きやすくなります。掃除機をかけるのですら、夜間や早朝は階下の迷惑になると考えて控える人もいるのに、ルームランナーでちょっと小走りになる程度で同じ騒音が出ると考えると、余計使うのも躊躇われるでしょう。更に、ランニング程度と速度を速めると、もっと振動が大きくなると考えると気が引けるものです。そのため、ルームランナーを気軽に室内で使うためには、振動対策をしっかり行っておく必要があります。

 

アイテムを使ったルームランナーのおすすめ振動対策

ルームランナーの振動対策としては、まずマシン選びで振動や防音対策が万全で、モーター音も静音設計となっており、足を踏み込む際の音を吸収するために走る部分のマットがより分厚いタイプを選ぶようにしましょう。次に、フローリングの床に直にルームランナーを置くと、静音設計であっても振動は階下に伝わりやすくなります。そのため、ルームランナーメーカーから出ている防音専用のマットを2枚重ねて敷いてみると効果的です。ルームランナーの下に敷くのにおすすめのマットというと、ジョンソンのYHZM0007です。分厚いゴム製のマットで床へのフィット感もあり、しっかり振動と音を防止してくれる優れモノです。

 

更に、イグニオのフィトネス専用マットも厚さ9.5mmとかなり分厚い上に重厚感のある作りになっているので、振動対策には最適だと言えます。価格は5000円前後から8000円程度までとメーカーによってばらつきはありますが、自分で納得のいく分厚さ、大きさ、素材のもの選びましょう。また、フローリングの部屋ではなく、和室の畳にマットを敷くと更に振動が伝わりにくいとされています。ホームセンターなどで売っている防音・防振の、できるだけ分厚いジョイントマットを敷くのもおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

ジョイントマットやパズルマットの上に、床材の下地板であるコンパネ板を敷いて、その上に防音専用マットを敷くという方法だと、より防振・防音効果も高まるので試してみましょう。ジョイントマットは柄や色なども色々ですが、一番下に敷いてしまえば柄や模様なども隠れてしまうので、厚みと値段だけを重視して購入して支障ありません。畳の部屋にルームランナーを置く場合は、畳自体が振動や音を吸収する役目を果たしてくれるので、ジョイントマットを敷かないで、コンパネ板と専用マットを敷くだけでも効果的です。
またPVC製床保護マットや天然ゴム製硬質防振シートなどを敷くのも良いでしょう。
こうした物を使用することで、振動対策だけでなく、床を保護することもできます。
ルームランナーの多くは、床との設置箇所が6箇所くらいになりますので、全ての箇所をカバーするように置けば、振動対策効果が高まります。

 

ルームランナーを置く室内の場所や使い方における振動対策

そして、フローリングにルームランナーを置くときは、できるだけ部屋の柱に近い場所、隅の方に設置することをおすすめします。柱があって下から支えがあれば、振動も多少和らぎます。逆に部屋の真ん中にルームランナーを置くと、振動がダイレクトに階下に響き渡るのでより一層階下の人の迷惑になってしまうので気を付けましょう。ルームランナーを置く場所やマットなどを活用するなど、マシンに対する振動対策を講じたら、あとは自分でできるだけ振動、騒音を立てないように使うことも振動対策の一つになると言えます。

 

例えば、できるだけ足音を立てないように、軽やかに走る習慣をつけることも大事です。むやみに走るだけではドタドタと大きな足音が出てしまうので、ルームランナーの振動と相まって、結構な騒音になってしまいます。膝のクッションを使って太ももやふくらはぎにやや力を入れ、振動を立てないように軽快に走れば足の筋肉も鍛えられるので、運動効果もアップします。もし、足が疲れてしまったら、その時点で無理に走るのではなく適度に休憩を挟むことも大事です。

 

更にルームランナーの使用時間帯などにも気を遣いましょう。夜間は午後8時位までの使用に留め、早朝も使うなら午前7時以降位からだと一般的な生活時間帯なので、階下の方の迷惑にもなりにくいことが予想されます。そして、1回の使用時間があまりに長いと階下の人も振動が気に障るでしょう。3,40分程度ならば、しっかりマットなどで振動対策しておけば、多少響いたとしてもあまり気にならないでしょう。

 

 

スポンサードリンク