妊娠中の運動不足には電動ウォーカーとルームランナーが効果的な訳

スポンサードリンク

妊娠中の運動不足には電動ウォーカーとルームランナーが効果的な訳

妊娠中の運動をするべきか、しないべきかという議論は昔からありました。
「妊娠中は安静にして運動は控えるべき」という意見が近代医学が発展するまでは通説でした。
しかし今、妊婦こそ運動すべき、という意見が通説になっています。

 

しかし当然バスケットボールや乗馬などといった体に強い衝撃が加わる運動はしてはいけません。
ウォーキングやランニングが効果的でしょう。
さらに自宅でウォーキングができる電動ウォーカーや、ランニングができるルームランナーは妊婦の運動に寄与してくれます。
いつでも気軽に出来るというのが、継続できるポイントです。

 

スポンサードリンク

 

実際に妊娠中にランニングなどの運動をするとどのような効果があるのでしょうか。
2007年にイギリスで健康な妊婦を集めてランニングマシンに乗って運動するグループ、水泳するグループ、芸術を学ぶグループ、何もしないグループに分けて実験を行った結果、運動をしたグループはストレスや不安を感じにくくなったそうです。

 

さらに、ドイツの研究では分娩室にエアロバイクを持ちこんで、出産直前まで20分ずつ運動をしてもらう実験をしました。
50人の妊婦の強力を得て実験を行った結果、84%の妊婦のエンドルフィンが増加し、陣痛も同じ割合で減少したそうです。

 

妊娠中のランニングなどの運動はダイエットだけではなく、お母さんの健康にも良いと証明されています。
また妊娠性糖尿病のリスクも減らしてくれます。

 

妊娠中の運動は害がないだけでなく、お腹の赤ちゃんにも良い影響があります。
アメリカのクラップ教授の研究で妊娠中に運動をした母親から生まれた新生児34人と、運動しなかった新生児31人を比較したところ、ストレスの感じ安さと回復の早さで、運動をしていた母親から生まれた新生児が勝ったという結果があります。
さらにその新生児が5歳になってから比較したところ、認知能力などでは差が出なかったが、IQと言語能力では著しい差が出ました。
その後の学習能力なども妊娠中に運動をして生まれた子供が勝ったという驚くべき結果が出ました。

 

妊娠中は積極的に運動を取り入れるべきというのが、今や学会では常識になっています。
もちろん外を走ったりウォーキングするだけでOKです。
しかし、自宅で気軽に運動できる環境があれば、運動が習慣化しやすいです。
気軽に運動ができる電動ウォーカーやルームランナーを使えば妊婦さんだけでなく、生まれてくる子供にとっても良い影響が出そうですね。

スポンサードリンク

 

参考文献