ルームランナーのお手入れ&メンテナンス方法|潤滑油の塗り方

ルームランナーのお手入れ&メンテナンス方法|潤滑油の塗り方

意外と知らない方が多いのが、ルームランナーのお手入れとメンテナンス方法です。
長く使うためには、日頃のメンテナンスは無視することはできません。
一見難しそうに見えるかもしれませんが、コツさえ知っていれば簡単にできます。

 

シリコンオイルを塗る(1〜2カ月に1度)

潤滑油であるシリコンオイルを塗らないでおくと、モーターやベルトに負荷がかかり故障しやすくなってしまいます。
しかし塗りすぎると、滑って転倒する恐れがあるので注意してください。
なので初心者におすすめなのは、簡単に塗布ができるスプレータイプのシリコンオイル(トレーニングマシンオイル OIL-900 L-017など)です。

 

スポンサードリンク

 

やり方ですが1〜2ヶ月に1回ベルトの片方を部分をめくり上げ、シリコンオイルスプレーのノズルを奥まで差し込んで、前から後ろまで5秒ほどスプレーします。
次に逆側のベルトをめくり上げ、同様に前から後ろまでスプレーしましょう。
塗り終わったらベルトを元に戻し、時速3kmほどのゆっくりしたスピードをベルトを回転させ、オイルを馴染ませたら完了です。
1〜2カ月に1度ですが、走行距離でいえば40kmで1度くらいで大丈夫です。またスプレータイプではなく液体タイプのシリコンオイルは潤滑効果が高いため、塗布は半年に1度程度で大丈夫です。

 

乾拭き&コンセント抜き(使用時)

走ったあとは、汗が付着したベルトや持ち手の部分を乾拭きしてください。
持ち手部分が抗菌素材で出来ているマシンもありますが、汗がとれるわけではないので綺麗にふき取りましょう。
またベルト部分に汗が残ったまま走るとマシン内部に入って故障を引き起こすことがあります。
汚れが気になるときは水拭き→乾拭きのコンボで、清潔にしておきましょう。

 

またルームランナーは静電気を帯電します。(特に冬場)
静電気が強いとルームランナーの誤動作や故障の原因にもなりかねませんので、使ったあとはコンセントを抜いておきましょう。

 

このように簡単なお手入れとメンテナンスをするだけでもルームランナーの寿命は格段に伸びます。
難しいお手入れは必要ないので、是非やってみてください。

 

スポンサードリンク