目的別ルームランナーの選び方|何がしたいかで選ぶ基準は変わる

スポンサードリンク

目的別ルームランナーの選び方|何がしたいかで選ぶ基準は変わる

美容や健康の為に、自宅にいながらにして簡単にジョギングやウォーキングができるルームランナーはとても便利ですね。
家の中で運動できれば、簡単に健康が維持できますし、ダイエットすることもできます。
テレビを見ながらだって運動できますからね。

 

「気軽に運動がしたい」
そんな願いを叶えてくれるのがルームランナーです。
しかし選び方を間違えると結局使わないまま部屋の隅に置きっぱなしということにもなりかねません。

 

ルームランナーは、目的によって選び方が違ってきます。
まずは自分の購入目的、何をしたいのかハッキリさせる必要があります。
多くの女性の目的はダイエットかもしれません。
他にも事故や病気のためのリハビリ、が持久力をアップさせるのに使いたいこともあるでしょう。

 

使用目的大きく分けて3つになります。
つまりダイエット・リハビリ・持久力向上です。
それぞれ何を基準に選ぶべきか紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ダイエット目的の場合

一番多いのはダイエット目的で購入する場合かもしれません。
ダイエットは体重を減らすためですが、ダイエット目的の人はいきなり無理をしてしまう傾向にあります。
無理せず継続できるルームランナーを選ぶ。
これが鉄則です。

 

ダイエットしたいのならプログラムが付いているもの、傾斜がついているものなどがお勧め。
また、走行スピードにも幅があるタイプのルームランナーがいいでしょう。
ウォーキングしかできないタイプもあるので、将来的にどれくらいの負荷でやりたいか考えておきます。
自分の体調に合わせて負荷を選択できれば、辛い思いをせずに継続することができます。
この継続しやすさというのが、ダイエットでは一番大切です。

 

体力向上が目的の場合

今現在の状態より鍛え上げたい方はどんなルームランナーを選ぶべきでしょうか。
ルームランナーを使って体力を向上させたい場合、それなりの速度と傾斜が付けられるのがベスト。
現在少し辛いくらいの運動をすることで、筋肉の繊維が刺激され、目覚ましく体力を付けることができます。
ただ漫然とジョギングしているだけでは、効果はあまり期待できません。

 

そのためには日々向上していく体力に応じて、徐々に負荷がかけられるルームランナーがいいですね。
走行距離、消費カロリーがモニタにでるようなタイプはモチベーションの向上にも役立ちます。
また色々なプログラムが入ったタイプなら飽きずに続けられるでしょう。

 

リハビリが目的の場合

リハビリは自宅療養中の人が歩行訓練や体力回復などの目的で使用します。
リハビリが目的ならハードなジョギングは必要ありませんから、傾斜などなくて構いません。
まずは無理なくウォーキングができるタイプがいいですね。
早くても、軽いジョギングが出来るルームランナーで十分です。
むしろハンドルや非常停止ボタンの付いているものにして、とにかく安全に運動できるルームランナーを選ぶのが正しい選び方でしょう。

 

このように、目的に応じてルームランナーの選ぶ基準は変わってくるのです。

 

スポンサードリンク